着実に、確実に。

やる気を引き出す勉強法

勉強しなければならないことは分かっている。十分すぎるくらい分かっているんだけれど、どうもやる気が起こらない。どうせやってもつまずくだけだし、だったら最初からやらなくてもいいや。。。

やる気を出すことは難しく、気持ちが乗らないこともあるかと思います。本日は「やる気の出しかた」についてお話しします。

まず勉強を始める段階で、今から2時間や3時間ぶっ続けで勉強すると考えると、それだけでやる気がなくなっていくものです。その際は、「まずは5分」取り組んでみることをお勧めします。具体的には、数学の計算問題を5問だけ解いてみる。フォレスタのウォームアップを5分間取り組んでみる。5分集中して取り組むことができたら一旦休憩して、また5分取り組んでみる。まずはここから繰り返すことをお勧めします。

次に、5分間の勉強に慣れてきたら時間を延ばして取り組みましょう。お勧めは「30分」を一区切りとして、5分休憩。さらに30分取り組んだら、10分休憩。集中→休み→集中→休み このサイクルを定着させましょう。

やる気がなかなか出ない子は、勉強自体に楽しみを見出せてない場合が多々あります。普段の勉強の中でも楽しみを見つけることが大切です。今この勉強を頑張って、次の休憩で何をするのか自分なりの楽しみを見つけながら、まずは30分集中して勉強に取り組みましょう。

ずっと机に座って勉強するよりも、時には立って歩きながら教科書を読んだり、屈伸運動をしながら暗記作業をしたりするのもオススメです。体を動かすことで血流が良くなり思考もクリアになるからです。煮詰まった状態で勉強を続けても、さほど効果は望めません。適度に体を動かし気分転嫁しながら、上手に自分をコントロールしましょう。

塾長も、作業のため長時間パソコンに向かうことが多いのですが、適度に運動したりコーヒーを飲んだりして、気分転換を取り入れています。集中が長時間続くための自分なりの方法を見つけることで、効率的に勉強をすることができるのです。はじめから無理する必要はありませんので、地道に進みましょう。

着実に、確実に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です