成績を上げる三つのステップ

成績を上げる三つのステップ

を今日はご紹介します。

僕は生徒たちが実力をつけて成績を上げるためには
「3つのステップ」を踏む必要があると思っています。
 
 

第一ステップは、授業を受け、参考書を読んでしっかり理解すること

 
第二ステップは、 一人でできるようになるまで何度も解き直すこと

 
第三ステップは、記憶して定期的に反復すること

 
以下ご説明しますね。
 
まず第一ステップですが、これは言うまでもなく当然のことですね。学校や塾でしっかりと集中して授業を受ける。授業もただ受けているだけと、その場で理解してなおかつ暗記しようと心がけているのとでは、雲泥の差が出てきます。授業中にボ〜〜っとする時間をできるだけ少なくして、その時間内にテスト勉強対策までできたら最高ですね!
 
 

次に第二ステップです。授業で受けて問題の解き方は分かっても、それを自分一人で解けるようになるわけではありません。よく頭で理解して解ける気になっていても実際に取り組んでみるとまるで解けないといったことも多々あります。しっかりと内容を理解した上で、ワークや問題集を最低「3回」解きましょう。
最低3回とは、あくまで基準です。3回やっても解けない問題や不安が残る問題は、自分の中の不安がなくなるまでなん度もなん度も繰り返して解く必要があるのです。
3回解いたからもういいや、というわけにはいかないのです。

 
 
第三ステップも非常に大切なポイントです。「暗記」を意識すること。これは、理科や社会では当たり前の認識ですが、数学や英語でも必須の心構えです。数学の問題や解法を「暗記」する。英語の構文や訳し方を「暗記」する。中学レベルの数学や高校はある程度パターンが限られてますので、そのパターンを押さえることであらゆる問題にも対応できるようになるのです。
 
 
試験勉強真っ盛りの寺子屋ですが、生徒たちにもこの三つのステップを踏むようにと口すっぱく伝えています。きちんと意識して勉強を進めれば、必ず効果の出るやり方ですのでしっかりと取り組んで「圧倒的な」成果を発揮しましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です