「子供を信じること」

お子様の学力が上がるために

親御様がしてあげられることは

あまりないと思っている方も

少なからずいらっしゃいます。
 
「私は勉強を教えられないから。」

「私とは受験した時代が違うから。」
 
そういって一切お子様の学力を育むことに

関わろうとしない親御様もおられるでしょう。

 

もちろん勉強は塾にまかせて欲しいと思います。

しかしご家庭で親御様ができることは

じつは沢山あります。

まずしていただきたいのは

「子供を信じること」です。

 

今から数十年前、アメリカの教育学者である

ローゼンタールらが、サンフランシスコで

とある予測テストを行ないました。

学級担任にはそのテストが

「今後成績が伸びる生徒を予測するテスト」

であることが知らされて

その結果が開示されました。
 

そしてその数ヶ月後

成績が伸びると予測された生徒の成績は

確かに伸びたのです。

しかし実はこのテストは成績の伸びを

予測するテストでも何でもなく

生徒も伸びると予測された生徒ではなく

ランダムに選ばれた生徒達でした。
 

つまり

教師が生徒に期待を持つと

熱心に教えたり、もしできなければ

自分のせいだと考えて工夫を凝らすなど

生徒の成績向上に努力するようになるのです。

これを「ピグマリオン効果」と言います。

逆に教師が生徒を期待しないことにより

生徒の成績が下がることもあるのです。

これを「ゴーレム効果」と言います。

 

そしてこれはご家庭でも言えることです。

お父様やお母様が子供のことを強く信じて

それなりの配慮や働きかけをすることで

必ずその子の成績はアップしてくるのです。

とにかくお子様を信じて応援し続けること。

一番の応援団になってほしいと思うのです
 
 

では具体的にどうするか?

まずは子供を「褒めること」です。

どうか親御様には「褒め上手」になっていただき

子供を上手に乗せて欲しいのです。
 

「すごいね〜〜〜!!」

「あたまいいね〜〜〜!!」

「やればできるんやね〜〜〜!!!」

 
こんな言葉をあなたのお子様は待っています。

慣れないうちは体が痒くなるかもですが

ぜひぜひ継続してみてください。
 
 

さあ6月もあと一週間で終わりになり

本格的な夏がやってきます。

今後の予定としては・・・・

※第5週目の29日、30日、31日は塾はお休みとなります。

※塾長は今年も博多山笠に参加します!→追い山見に来てください!

※夏期講習の募集を来月からスタートします。

人数限定で募集しますので、検討中の方は

このブログやホームページをチェックしてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です