早め早めが大切なのです

勉強は

日々の積み重ねそのものだと

感じています。

今つまずいているところがあり

その場ではごまかす事ができたとしても

そのつまずきは無くなるわけでは

ありません。

時間をかけてじわりじわりと

大きくなり

気づいたら大きなものとなって

修復困難な状況になる場合も

あるのです。

先日短期間ですが、塾長

歯医者に通っていました。

少し前から右の奥歯に

軽い痛みを感じていたんでね。

その痛みをごまかしごまかし

きていたら

いつのまにか我慢できないくらい

痛みが大きくなっていたのです泣

スクリーンショット 2015-07-11 22.12.38
ここで勉強との共通点があることが

わかります。

勉強も歯医者も

「あ、なんかまずいかも」

そう思ったらすぐに

処置をするべきなんです。

歯の痛みなら歯医者へ

勉強のつまずきなら塾へ

プロにすぐ診てもらうべきですね。

早ければ早いほど

傷は浅くすみますし

その後の未来への影響も

少ないのだと思っています。

 

さあ再来週から夏期講習会が

始まります!

しっかり勉強して傷を治して

二学期から羽ばたきましょう!

 

夏期講習の申し込みは、7/13月で一旦締め切ります!

ご検討中の方はお早めにお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です