僕が中学生だった頃2

台風も福岡をかすめて通り過ぎ

いよいよ夏到来!

日中の日差しが痛いくらいに

強くなってきました。

「熱中症」にはくれぐれも

注意してくださいね!

 

 

先週の記事

「僕が中学生だった頃」の記事ですが

皆様興味あったのでしょうか

PV数が伸びてますね!

ありがとうございます。

ではでは、本日はその続きから

お話したいと思います。

 

 

 

中学校生活最後のバスケ部の大会も

終了して、いよいよ9月。

部活から解放された僕は

受験勉強にのめり込むようになります。

 

 

 

当時のスケジュールですが

学校から帰宅後5時から7時まで

社会の勉強をしていました。

自宅のドアを開けてまずは

台所の冷蔵庫に直行!

ジュースをコップに注ぐとそれを

持って自分の部屋に持って行き

机の端にセッティング!

同時に取り組んでる社会のテキストを

広げてセッティング!

さっそく集中モードに入り

勉強を始めるのでした。

 

 

 

7時になり夕食を食べた後は

すぐに風呂!

出たら牛乳を一杯飲んで

すぐに自分の部屋に直行!

そのまま深夜2時頃まできっちり

時間を決めて勉強に取り組んでいました。

 

 

当時通っていた塾は近所の数学専門塾と

英語塾にそれぞれ週一回のみ。

あとは自分で勉強を進めていました。

 

 

ちなみに僕の成績は

部活をしているときは「中の上」。

特別に得意科目があるわけでもなく

数学英語はわりと好き

社会の地理と理科が苦手で

なかなか成績が伸びませんでした。

そこで自宅から帰って夕飯までの

二時間は、理科と地理に時間を割いて

規則正しく勉強を進めていました。

 

 

「規則正しく勉強する」

 

これは受験勉強において本当に

大切なことです。

毎日の積み重ねが着実に記憶に残り

あなたの「知恵」になるのですから。

そして規則正しく勉強するためには

自分の中にあるなまけ心と向き合って

負けないようにしなければならないのです。

 

 

 

 

 

IMG_5229

塾のまでから見た綺麗な夕日です。

 

 

 

そのような生活を1ヶ月ほど

続けていると

徐々に点数が伸びてきます。

秋口に受けた模試でいきなり

理科社会の点数アップ!!

やり方が間違ってなかったんだと

確信した瞬間でもあったのです!

そして僕の快進撃が始まったのでした。

 

 

 

僕が中学生の時の話、続きの第三弾は

また明日、お伝えしますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です