スマートフォンとの付き合い方

先日ある親御様から

お子様の「スマートフォン」との

付き合い方について

幾つかご相談がありました。

自分の部屋で勉強を頑張ってると

おもいきや

いつもスマホをいじってばかりいて

勉強に集中して取り組めていないというのです。
 
 
 

結論から言いますと

小学生や中学生はスマホは必要無い!

と思います。

むしろ与えてしまうと勉強に支障をきたす

可能性が大だと思っています。
 
 
 

寺子屋の生徒たちにリサーチすると

高校生は全員スマホを持っていますが

中学生は半々といったところ。

小学生はどうしても親御様との連絡の際に

必要だということで

持っている子が数人でした。

中学生のスマホ事情を聞くと

本当に頭を抱えたくなる現状があります。
 
 
 

まずはLINE(ライン)です。

LINEはグループ機能が付いていて

仲のいい友人同士でそのグループ内で

会話を楽しめるのですが

そのグループにいくつも同時に加入してるとか。

放課後から深夜寝るまでそのそれぞれの

グループから連絡があり

その返信をしていたらいつの間にか

深夜になっていたというのです。

気づけば朝方になってたという子も!

もちろんそんな子ばかりではないのですが

スマホには「依存性」がありますので

セルフコントロールのできない子供達は

中毒化してしまう可能性すらあるのです。
 
 
 
スクリーンショット 2015-08-11 14.35.11
 
 
もちろんスマホは情報を収集するという点では

便利であり我々現代人にとっては必須の

ツールであることは重々承知しています。

ただ、十代の多感な時期にスマホに自分の

生活を左右されすぎてしまうと

大きなロスになるんだと思っています。
 
 
 
人間の「思考力」は、自分の考えを

静かにめぐらせる「思索」の時間があって

はじめて育むことができます。

そのためには機械類から一定の距離をおいて

自分の考えを頭の中で反芻する時間が

必要なのです。

もちろん周囲の大人の対応も大切です。

我が子がスマホに踊らされていないか

スマホのつながりに気持ちが取られてしまい

時間を浪費していないかを観察する必要が

あるのです。

特に受験生でスマホ離れできてない人!

寺子屋でスマホを預かりますので

勇気を持ってスマホから離れてみては

いかがでしょうか。

何者にも縛られない静かな時間が

思考力を高め学力向上につながるのですから。
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です